UX視点の導入・活用に欠かせないスキルとマインドを学ぶ 資格試験「UX検定™基礎」を今夏より開始

一般社団法人UXインテリジェンス協会(所在地:東京都千代田区、理事長:遠藤 直紀、以下:UXIA)は、ユーザーエクスペリエンス(UX)向上の取組みに欠かせないスキルとマインドを体系的に学ぶ、全ビジネスパーソン向け資格試験「UX検定™基礎」を開始することをお知らせします。UX検定™基礎は、一般社団法人UXインテリジェンス協会が運営し、日経ビジネススクールの協力とHCD基礎検定※ 認定のもと実施します。第1回は2022年8月に実施を予定しており、6月から申込の受付を開始する予定です。

※「人間中心デザイン基礎検定(略称:HCD検)」は、NPO法人人間中心設計推進機構がライセンスする試験のことです。

UX検定 基礎_ロゴ画像

「UX検定™基礎」創設の背景

昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)が重要な経営課題となりました。しかし、ビッグデータやAIといった最新テクノロジーを導入したものの、十分な成果を生み出せず頓挫する企業も多く見られます。
それらの失敗の多くは、UXの設計が不十分であることに起因しています。DXをより本質的な事業価値創造に向けた活動へと昇華するためには、「優れたUXの実現」が重要です。ユーザーにとって理想の体験を考えた上で、その理想体験を更新し続けること、言い換えれば、さまざまなデータをUXへ還元し続けることを目的とした、業務プロセスの変革とデジタル環境づくりが本来のDXのあるべき姿です。

UXの重要性が高まる中、UXに関するセミナーや書籍は増えているものの、デザイナーやコンサルタントといった限られた職種を対象にしている場合が多く、ビジネスパーソン全般が身につけるべきスキルが実践的かつ体系的に学べる教材・カリキュラムはまだほとんどありません。UXIAは、多くのビジネスパーソンが優れたUXを実現するための知識を学ぶ指針として当検定を位置付けています。

今後UXIAは定期的な資格試験の開催とともに、UXインテリジェンスの習得に向けた講義形式の教育カリキュラムの提供を計画しています。

「UX検定™基礎」概要

UX検定™基礎は、UXやHCD(人間中心デザイン)の基本的な概念やその実践方法のアウトラインを理解し、自らの業務に活用するための基礎知識を有することを証明する試験です。
名称   :UX検定™基礎(HCD検認定)
対象者  :ビジネスパーソン全般(受験資格制限無し)
試験日程 :2022年8月上旬予定(2022年6月申込開始予定)
受験料  :税抜き9,900円(税込み10,890円)
実施方法 :知識問題(単一選択式)、オンライン実施(自宅受験)
出題範囲 :シラバスより出題(公式サイト参照)
主催団体 :一般社団法人UXインテリジェンス協会
協力   :日経ビジネススクール( https://school.nikkei.co.jp/
公式サイト:https://www.uxia.or.jp/certification/

協会概要

UXIAは、新たな時代を切り開くDX人材に求められる基礎能力としての 「UXインテリジェンス」の普及・研鑽を通じて、社会がより善いUXで溢れ、ユーザーが自由にそれを選択できる社会の実現を目指し2021年5月に設立されました。会員は主に国内でDXを推進する企業で構成され、会員数は2022年5月時点で29社です。UXのより具体的な検討・研究を行う場として三つの分科会「UX組織開発分科会」「先進事例研究分科会」「資格講習整備分科会」を設置し、各企業が積極的に活動を進めています。

名称  :一般社団法人UXインテリジェンス協会(UX Intelligence Association、略称:UXIA)
所在地 :東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル10階
代表者 :理事長 遠藤 直紀(株式会社ビービット 代表取締役)
設 立 :2021年5月19日
事業内容:

  • 国内外における法人・個人に対するUXインテリジェンスの啓蒙と普及促進
  • 国内外における高品質UX事例の発掘・共有(交流会や表彰制度の実施等)
  • UXインテリジェンスの標準化(資格制度創設、検定実施等)
  • UXインテリジェンスの実践知習得に向けた学習環境の整備